toptittle
telfax
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
日, 8月 19, 2018
Text Size

『帰耕』とは?


農業資材販売を中心として、健康に貢献出来る農産物の生産方法をアドバイスしています。 

社長挨拶 ~『帰耕』が生まれたきっかけ~ 

 有限会社帰耕は、昭和49年、現会長夫婦が早坂商店を開業したのが始まりです。農業用ビニールハウスや農薬、農業関連資材を扱う商店としてスタートし、徐々に農業用小型機械や肥料等の商材を増やし、地元の農業者の方々から支えて頂き、地域に根付いた商店として活動して参りました。私も昭和58年、高校を卒業すると同時に家業を継ぐ決心をして地元に残ります。
 
 当時会長から言われて心に残っているのが、「人は食べないと生きられない、これからは農業が大事になる。ただし食べるだけで健康になるような、農産物の「内容」に重点を置いた考えを持たないとダメだと思う。そのためには健康な農産物が育つ健全な土作りをする技術を構築しないと…。」当時、私は美味しくてお腹がいっぱいになれば良い位の感覚でしたので、農業の本当の重要性にはまだ気付けませんでした。真剣に考え出したのは結婚を機に子供が生まれてからです。同じ位の子供を持つ親御さんとの交流が増えてくるとアトピーやぜんそく、アレルギー等、自分達が子供の頃にはあまり聞かなかった生活に支障が出る症状を多く耳にしました。食生活と環境が大きく影響している事を痛感しました。私も肥料メーカーや農薬メーカー等他産業の受け売りで仕事をしてきた事を反省しながら、知らない事を正しく知る努力をし、真の農業の在り方を考え、様々な課題をクリアする具体的な手段を…改めて26歳で行動を開始しました。
 
 目的を持って動き始めると必要な方との出会いが生まれます。平成2年、生体エネルギー研究所の佐藤政二先生とのご縁を頂きました。土壌学、植物生理学、連作障害の要因となるエネルギー収奪の捉え方など、それまで私が考えた事のない視点で問題の解決方法を教えて頂きました。父親である会長の話を具現化するには佐藤先生の提唱する学問と実践技術が必要不可欠だとの思いで、この年生体システム実践研究会に入会しました。両親から受け継いだ商店の目的と、それを具現化する佐藤先生の技術を実践し、広めるために平成10年、有限会社帰耕を設立するに至りました。

 現在は、生態系生体システムプログラム農法のアドバイザーを中心に真の健康に貢献出来る農産物の生産を農業者の仲間と推進しています。環境が改善される農業を啓蒙しながら、確かな技術と目的を持った農業者の育成、農産加工品の開発、また流通業者との交流、消費者目線の健康講座、子供の食育を通しての健康学習等々…第一次産業である農産業を根幹に、様々な取り組みにチャレンジしています。

 また、農業の現場や自然から佐藤先生が発見された生体エネルギーは、目的ごとに商品化され、あらゆる産業に応用し効果を発揮しています。開発された生体エネルギー応用商品を扱う㈱マルセイの代理店もしております。
 
 これまでの考え方だと資本は「お金」が中心でしたが、これからは「能力」が重要視される時代だと思います。能力を持った人を育てるには能力を持った「作物」を育てる土壌を作らなければなりません。そのためには「耕す事に帰する」、原点を考えて取り組む事が重要です。私達は、人類自然から求められる産業を提案し続けます。
 

『帰耕』に込めた思い

 「帰耕」を広辞苑で調べると、「それまでの職業をやめて郷里に帰って耕作に従う事」という意味になります。 私達は、「ふるさとを大切にする事」・「第一次産業に位置付けられている農業を真剣に考える事」・「自然から必要とされる、継続可能な産業を構築する事」と翻訳し、同時に、「原点を考えて取り組む事」を念頭に置き、本当の意味で必要とされる産業を実現する事を目標に、その想いを社名に込めました。 
 

会社プロフィール 

 kikoh gaikan  kikoh naikan
 
会社名   有限会社帰耕 
本社所在地   〒996-0082 山形県新庄市北町8-11 
電話/FAX 

 TEL:0233-28-0313
 FAX:0233-23-1656

設立   1998年2月19日 
資本金   300万
代表者   早坂正博 
役員   早坂千和 
取引銀行     新庄信用金庫、荘内銀行 
業務内容 

 ◎株式会社マルセイ代理店
  ・生体エネルギー応用商品の営業販売 ・環境を改善し、人の健康に貢献し続ける農業技術の提案
   :土壌改良活性材、植物活性材、生態系生体システムプログラム農法のアドバイス等 

 ◎農作物、加工品販売 ・米、野菜、これらを原料とした加工品の販売

 ◎農業資材販売 ・肥料、園芸資材、その他関商品の販売 

 

 アクセスマップ



 
news-topics1 pickup-movie1
2018.  3.13       帰耕主催の農業勉強会を開催致します。 NEW
2018.  2.12       生体システム実践研究会山形支部イベント
2017.10.29       生体システム実践研究会山形支部イベント
2017.  9.18       舩井勝仁氏をお招きし座談会を開催致します。
2017.  9.18       農場視察体験・収穫祭を開催致します
2017.  7.  8       実践勉強会を開催致します。
2017.  7.  8       視察研修会のお知らせ
2017.  5.14       舩井勝仁氏をお招きして座談会を開催致します。
2017.  2.23       農業と食育の勉強会を開催致します。 

ivent
過去のイベント情報はこちら  
   
various infomation
 
seitaiyamagata myoujinnbanner suiho
letter
no2